読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆田舎で生活10年目!◆

もう僕が都会で生きていくことはムリだと思います。

安産祈願に行ってきたよ

こんばんはー。

今日はお嫁様の安産祈願に行ってきましたよ。

安産祈願

この安産祈願。

なんでも妊娠から5ヶ月目「戌の日」にお参りに行くと良い、とされているそうです。

大体どこの神社でも安産祈願はやっているそうですが、子安神社・水天神・塩竈神社・八幡宮などが特に良いとのこと。

(付け焼刃な情報しか知りませんので、ご興味がある方は是非検索してみてくださいm(_ _)m)


妻は今月が妊娠5ヶ月。

ちょうど祝日の今日が「戌の日」だったので、これは良いタイミングだと思って行ってきましたよ^^


桜山八幡宮

高山市内ではダントツに有名で、ダントツにデカい神社が桜山八幡宮です。

鳥居からして超ビッグです。

「神域」と呼ぶにふさわしい境内は、賑やかな街の様子とは明らかに雰囲気が異なり、とても厳粛な気持ちになります。

家から近いので観光では何度も来ていますが、ちゃんと用があって訪れたのは今回が初めてでした。

・・・

また、費用とかもさっぱり分からなかったので色々検索してみたところ、

お金は熨斗袋に入れてお渡しするのがマナーとのこと。

相場は5,000円前後だそうで、桜山八幡宮でも「5000円程度」という回答でした。



妻は左利きで僕以上に字が汚いので、消去法でこういうものは毎回僕が書きます

f:id:amago1022:20170429215852j:plain

う~ん、予想通りww


・・・


まず社務所で受付を済ませます。

渡された用紙に記入したら準備が出来るまで控室で待機。

とっても立派な控え室です。



そして「ちょっとトイレ」と妻が席を外したところ…

f:id:amago1022:20170429215943j:plain

ほぼ入れ替わりで巫女さんが登場。


(…ど、どどどーしよ~!(*_*))


「ちょ、ちょちょっと待っててくださいね!すぐに戻ってきますから!(°▽°;)」


「はい、大丈夫ですよ」


そのまま約3分、沈黙。


(き、気まずい…( ̄∀ ̄;)早く戻ってこい…!)


・・・


「すいません、遅くなりました~」


「ではこちらを羽織って、後から付いてきてください」


長~い廊下を通って本殿へ移動します。



最後の扉をガラリ。



わ〜(°▽°)

本殿、広ーっ!


袖から優しそうな神主さんが登場。

「ようこそお越しくださいました、それではこれよりご祈祷を始めさせていただきます。」


「よ、宜しくお願いします…(*´ω`*)」


f:id:amago1022:20170429220044j:plain



ご祈祷の間、チラッと横を見てみると、なぜか泣いている妻。

あとで聞いたら、

「祝詞(のりと)を聴いてたら、なんだか妊娠したことを実感した」だって。


…おいおーい!( ̄д ̄;)

産婦人科の検診、何回受診した!?

エコー写真も胎動の様子も何回見た!?


お腹の子もきっと「今かよ!」と思ったことでしょう。


御神楽までやってくれた

ご祈祷のあと、なんと御神楽までやっていただきました。


f:id:amago1022:20170429221340j:plain
すんません…(T-T)
下書きとペン入れのレイヤー混ざってワケ分からなくなりました…( ;∀;)


神主さんが横笛を吹き、

もう一人の巫女さんが太鼓を叩き、

案内をして頂いた巫女さんが舞ってくれました。


めちゃめちゃカッコ良かったです!


全部で30分ほどでした

いやーとても貴重な経験をさせていただきました。

帰り際には贈り物もいただきました。

さっそく家に飾ります!


おまけ

高山に来たらオススメのお店。


「やよいそば」中華そば


「ヴェルクラール」フルーツパフェ


うおー食った〜(°▽°)

めっちゃ糖質取ったー!

次回はデブコースから脱出するご祈祷をお願いしたいと思います。

↓こんな記事も書いてます!↓