◆田舎で生活10年目!◆

都会を逃げ出してきて、気が付けば田舎暮らしも10年が過ぎました。

「どんど焼き」って皆知ってるの?

こんちはー。

早いもので1月もすでに半分終了。

明日はもう「小正月(こしょうがつ)」です。

どんど焼き

「どんど焼き」って知ってますか?

呼び方は↑以外にも、「どんどん焼き」だの「どんと焼き」だの様々のようですが、

たぶん、日本中で行われている行事だと思います。

正月飾りや去年のお守りなどを地域でまとめて焼き、その火や音にあたることで1年の健康を願うのだそうです。

火は穢れを浄め、パチパチと爆ぜる音は災いと退けるんだとか。

この火で団子を焼いたりして、それを食べることで風邪を引かない、なんて所もあるんだそうです。

いいなー!

団子食いたい( ^ω^ )

・・・

それはそうと先日の回覧板。

「14日に〇〇さんの家の前に箱を用意しておくので、そこに焼くものを入れといて」といった内容でした。

我が家の場合、年末年始は千葉県で過ごすことが多いので、

自宅に飾る正月飾りはいつも安っすいヤツしか買いません。


そして初詣も千葉で行くので、飛騨で最初にお参りに行くのは大体1月中旬頃。

そんなわけで、行った先の神社(←場所も特に決めてない)の「どんど焼き」にて一緒に焼いてもらってます。


だから自分の住んでいる地区にも「どんど焼き」があることを知らなかったのですが

神社があって氏子さんもいるのだから、行われていてもなんら不思議ではないんですよね。

今年は自分の集落のどんど焼きに、お飾りとお守りを出しました!

実家のどんど焼き

f:id:amago1022:20180114124753j:plain

正月飾りは自宅で焼くものでした。

玄関と勝手口、台所と床の間と神棚、それに庭の井戸と稲荷様。

お飾りはとにかく沢山あり、その飾りもオヤジが作っていたそうです。

(全然知らなかったけど)


それを焼いて、終わったら灰をチリトリに取り、子供三人が家の周りをぐるーっとまく。

これが済むといよいよ正月も終わりだな~と感じたのを覚えています。

そして同時に「これでもうお客さんからお年玉がもらえる期間も終わったんだな」と(笑)

そんなわけで、地域の行事として「どんど焼き」というものがあることを知ったのは随分あとでした。

今後やりたいこと

たぶん、今後も年末年始は千葉で過ごすので、臼と杵を用意して、皆で餅つきがしてみたい!

あの手作りの餅ってめちゃめちゃ美味いんですよね。

実家でやるなら我が家の物置で場所も取らないし(笑)


それから近頃、「正月飾りの作り方」を教えてくれる講習があることを知りました。

別に立派なのは必要ないので、そのうち自分で作ってみたい!

飛騨の「花餅」

ちょっと余談です。

ブログのネタとしても時期を逃してしまっているのですが、飛騨には「花餅」という文化があります。

1月の飛騨は絶賛、雪の中でして

「新春」ですが、花が咲く訳もありません。

そんなこの地で、季節に彩りを添えるため、昔から花餅が作られてきました。


年末になるとスーパーでもホームセンターでも売られています(^^)


秋に葉の落ちたまっすぐな枝に、紅白の餅を付けた物なんですけど、

これは正月が終わってもそのままにしておき、ひな祭りの頃になったら油で揚げてあられにするのです。

なんかこういうのってすごく良いと思いません?^^


縁起物なので、買うと2000円〜5000円くらいかな?


・・・

さ、これで本当に正月も終わり。

いい加減、気持ちも通常営業に戻らないとなー( ̄∀ ̄;)

↓こんな記事も書いてます!↓