◆田舎で生活10年目!◆

もう僕が都会で生きていくことはムリだと思います。

琵琶湖をぐるっと周ってきました(前編)

こんにちは!

ちょいと仕事が忙しく、1週間も空けてしまいました。

突然の旅立ち

金曜の夕方。

急きょ翌日の休みをいただけることになりました。

(農業という仕事柄、休みが決まるのはいつも突然)


・・・


妻はお腹の体調が少し安定して以来、週に数日だけ勤めに出ています。

(ちなみに、あまごも一緒に出勤して、セラピー犬みたいなことをしています。…最近はほとんど寝てるだけらしいけど笑)


そしてこの日は、僕の方が少しだけ先に帰宅しました。


「あ〜疲れた…」



誰もいないリビング。

ソファに腰掛けて窓から見える夕焼けを眺めていたら、

ムラムラと「どっか行きたい病」の発作が…(゚∀゚)


・・・



しばらくして。


ガチャ

「ただいま~」


「おかえり…」


「…ど、どうしたの?」




「今から旅行に行く!」


f:id:amago1022:20170522115158j:plain


(;゚Д゚)イマカラ?


交渉開始


「え…?どこ行くの?」

「琵琶湖」

「まだ洗いものとかしてないよ

「いいよそんなもん」

「洗濯物は?」

「帰ったらまとめてやる」

「もう準備は出来てるの?」

「適当でいいし」

「はぁ…」( ̄∀ ̄;)


そうはいいつつ妻も旅行が好きなので、毎回こんなノリでも付いて来てくれます。


それもこれも「夫婦二人だから出来る芸当」ですよね。



子供が出来たらそんな訳にはいかないよな~。


スケジュールも、お金も。


f:id:amago1022:20170522161148j:plain


子供が学校や部活をやるようになったら、旅の日程変更とかも厳しいんだろうなぁ〜。

その頃、収入とかどうなってんのかな。

家族でビンボー旅行に行けるくらいの余裕があるといいんだけど…。


…はっ!

なに、出発前からブルーになってるんだ(^_^;)


いざ出発!


夜7時半に出発し、お腹の子のためにも休憩を多めに取りながら琵琶湖方面へ向かいます。

僕らは飛騨の山奥から出てくるために、「東海北陸道」という山の中を突っ切る高速道路を利用します。


途中、標高860m、日本一高い場所にあるサービスエリア「ひるがのSA」では

「わ~、やっぱこのへんは寒いね…!」と言いながらトイレを向かいました。

時刻は20時過ぎ。

気温は10度ほど。


・・・


そこから約3時間(休憩を含む)、

この日の目的地の彦根市では、夜11時にも関わらずモワッとした暖かさ。

夜11時で20度ありました。


いやはや「トコロ変われば」ですね~。


今回のプラン

琵琶湖一周。

以上!


f:id:amago1022:20170522163109j:plain


旅行雑誌や道の駅なんか置かれているパンフレットなどをペラペラ見て面白そうなところをチェックしておき、

なんとなーく、そのポイントを繋いでいく感じ。


というのも、我が家はいつも犬連れのため、

「行ったは良いけど中には入れなかった」とか

逆に「実はペットOKだった!」といったことが意外に多いのです。


また「以前はOKだったけど今はダメになりました」というケースもあります。

(今回も数ヶ所ありました…(*_*))


そんなわけで、いつしかスケジュール立てについてキッチリカッチリはやめました


いいのいいの、テキトーで。(´∀` )v



そんなわけで、旅の内容については次回に続く!



続きはこちら↓

琵琶湖をぐるっと周ってきました(中編) - ◆田舎で生活10年目!◆

↓こんな記事も書いてます!↓