◆田舎で生活10年目!◆

たまたま流れ着いて始まった田舎暮らしも10年が過ぎました。もう僕は都会ではいきられません。

たぶん梅酒が出来た

こんにちは。

今日も真夏の日差し。

夕方の雲は少し珍しい感じでした。

なんかちょっと秋のような雲。

まだ何も夏らしいことしてないのに(^_^;)



・・・

今日は久しぶりに田舎ブログっぽい記事を書きます♪(´ε` )


数日前の話になりますが、
梅酒の試飲をしてみました(^o^)/


・・・


無人販売所にて売られていた梅を漬けたのが、早一ヶ月前。

ほんっと、時間が経つのは早いですね。


その時の記事がコチラ↓

inaka-kichatta.hatenablog.com


梅の実、こんな鮮やかな黄緑色をしてたんだなー。

なんか今より画になる色彩(笑)


そういえば、テンションが上がってしまっていた僕は、愚かにもおフランスのボトルを買ってしまったのでした。

結論としては、赤いフタの普通のビンの方が使いやすい(笑)

(めっちゃ安いしw)


というのもね、梅酒って時々ビンをゆすったり回したりして、中の氷砂糖が溶けるのを促すんですって(ー ー;)

それをするには、赤いフタの取っ手がとても便利で、握ったままヒネリを加えれば、中の梅も砂糖もくるくる回ります。

(人の梅酒でやらせてもらったので間違いないです笑)


僕の自慢のおフランス製「ル・パルフェ」のビンは、密封できるのはいいのですが持ち手はありません(・_・;

両手でビンをつかんで、菩薩掌をかますしかないのです。

(「修羅の門」知ってる?うん、知らないよね…)


・・・

そうそう。

これも前回書きましたが、氷砂糖とホワイトリカーで漬けるのが一般的な方法に対し、我が家は純米酒で漬けたビミョーに高くついた梅酒☆

ホワイトリカーよりも質の良い酒で漬けることにより、まろやかで優しい味わいになるんだって。

ただし、ホワイトリカーのようにアルコール分が高くない分、長期保存は出来ないのが難点、とのこと。

まあ、うちはそんなに飲んべえじゃないので、ちょっと飲めれば良いんです。


・・・


そんなわけで、本当なら3ヶ月くらい漬けるのが一般的らしいのですが、今回はたったの1ヶ月でムリヤリ完成ということにしました。
( ´Д`)


うん。

そうだね。

梅が沈みきってねぇっスな。




LIUさんのブログのイラストが可愛らしくて好きで、自分もなんか描いてみようと思いましたが、これが限界でした…(o_o)



味は、アルコール分が通常の半分程度ということもあって、とても飲みやすいです。

甘いんだけど決して「激甘」じゃなく、酸味もある感じ。

これ炭酸で割ったら美味しいんじゃないかなー。



あーこれで明日が休みだったら最高なのに…。

連休くれー。

↓こんな記事も書いてます!↓