◆田舎で生活10年目!◆

もう僕が都会で生きていくことはムリだと思います。

職場で全員ブッ飛ばしたくなったことはありませんか?

こんにちは。


こっちが朝で

今日は暖かくて良く晴れた一日でした。

夕焼けも綺麗で、それだけで割と幸せ。


こっちが夕方


まだ木曜ですが、ちょっと疲れてきました(笑)

今日の内容にうぜー!と思われてしまったらスイマセン。




・・・


僕は現在、農場全体の管理を任せてもらっているんですけど、

人を使うって難しいなぁ(ー ー;)

とつくづく思います。



先日、こんなことがありました。

朝、トマトを収穫していた時のこと。



その日の作業は7時にスタートでしたが、僕には優先してやるべき事務仕事があった為、収穫作業に参加するのが他のスタッフよりも遅くなってしまいました。

一応、「9時までには畑に行きます」と一斉メールを送ってはいたのですが、いざ着いたのが9時半頃だったんですね。


その日も皆が出勤してくるよりもずいぶん早くから事務所で仕事していたんですけど、
それでも畑に現れた時に初めて皆の目に映るわけなので「あいつ、ようやく来たよ」という雰囲気がビシバシ伝わってきます。

自分が畑に着いたことは気付いているはずなのに、こちらから挨拶するまで、さも気付いていないフリをされたりとかね…(笑)


・・・


10月上旬は、朝晩の気温も低くなってきて、皆の口数も減ってくる時期です。

トマトも収量が減ってきて、職場全体のテンションが下がってきたりして。

だから「なんとか盛り上げなきゃ!」と、自分の近くにいる人には色々話しかけながら作業をしているのですが

この前、たまたま隣のハウスで作業しているパートさん達の陰口が聞こえてきまして…


「来る来る言ってちっとも来んし」

「あいつも〇〇(以前に辞めていった問題児)と一緒や」



…おれが〇〇と同じ?




〇〇さんは本当に問題児で、いるだけで職場全体の空気も作業効率も悪くなってしまうような人でしたが、

おれはアレと一緒なの?




その日の早朝は、うちのスタッフのための書類作成で、それを済ませるために早出してたのに…!

たしかにそれは僕の仕事です。

でもその時「こいつらのために頑張っても、こいつらはおれを嫌うんだな」と思ったら無性に腹が立ってきました!



「おい!全部聞こえてんだよ!そんなこと言うならおれの仕事やってみろよ!」

「どうしてこの距離でそんな会話できるんだ?ちょっと頭悪すぎだろ!」

思わず口から出てしまいました。

(ノД`)アチャ-

…ビニルハウスを隔てているので顔は見えません。

でも、明らかに張りつめた現場の空気。

そして無言のまま、作業再開…。



やっちまった〜( ̄∇ ̄)

器の小さいボスは溢れ出すパッションを止めることが出来ませんでした(笑)

でも本当は全員一列に並べて一発ずつぶん殴りたかったです!

( メ ̄皿 ̄)=O);゚〇゚)ノ



だってね。

トマトの収量が減ってきているということは、収穫に必要な人数も減ってきているわけです。

畑でやることやったら終わりの皆さんと違ってね、こっちには事務所に帰ってからもやるべきことが山ほどあるわけですよ。

現場の方に余裕があるんだから、自分の仕事自分の勤務時間内にやって何が悪いの?

あんたら全員、おれ一人だけが事務所で遅くまで残ってること知ってるでしょ??



自分が普段どんな仕事をしているか、逐一伝えていなかったのも悪かったと思います。

でもその作業をしない人に、おれの作業の内容をこと細かくメールで教える必要あります?

そのメールを打つ時間だって、おれが自分の時間を削るわけでしょ?

どいつもこいつも、こちらが時間かけて書いた内容に「お疲れ様です、了解しました」の2行しか返さないくせに!



「この文章じゃ感じ悪いかな?」

「この言い回しじゃちゃんと伝わらないかな?」

色々考えてんだよ!

てめーらも少しは返答の文章ひねれよ!




現場には一応、僕以外の社員がいるので、その子に任せられる時は任せています。

(その子も任せたこと以外の面倒なことには一切ノータッチですけど笑)

作業的に人足が必要な時は、自分の仕事を後回しにして現場で作業をしています。

だから、やるべき作業はちゃんと機能しているはず。



休憩なども一緒に取るし、その時は笑って話もします。

僕のようなビンボーな若者にはありがたいことに、おやつなども持ってきてくれるので、皆とても和気あいあいとした休憩時間になっています。


…でも、結局それも上っ面なのかな。

むしろ、頻繁にくれるお菓子やパンには「こいつは食い物で味方に引き込んでおいた方がオトク☆」くらいの意味が込められているんだろーか。



所詮、人間なんてそんなもん?



だって陰口って、間違いなくその人の本心じゃないですか。

人を褒めたり称賛するときに、コソコソ話す人なんていませんよね。

陰口が出るってことは間違いなく文句があるわけで。



でも絶対、本人がそれを言ってくることは無いのです。

「自分はまだまだ小僧だし、皆さん全員の気持ちを全面的に理解も出来ないと思うので、

どんな些細なことでもいいから伝えてくださいね。直すべきところはすぐ直しますので…」

いつもみんなに話しています。


でも、これまで誰一人として言ってきたことはない。


でも陰口をたたく。



はぁ~

超めんどくさい



・・・


職場において、女性には「共通の敵」が必要


今の職場に限らず、これまでの職場でも似たようなケースはあって、

人に相談すると大概「女性は、特におばちゃんはそんなもんだぞ」というアドバイスを受けます。


共通の敵がいることで、皆がその人を嫌うことでスタッフがまとまるのだそうです。

その方程式がないとおばちゃん同士が仲違いを起こし、いわゆる派閥が出来てしまうそうで。


だから、本当に職場の利益を最優先で考えるなら、トップが嫌われ者になることが近道という話をされました。



なるほどね~。



でも。

それ自分には結構しんどいっす。



仮に、いつしか大きな利益を挙げることが出来て、

「皆さんお疲れ様!パーッとお疲れ様会でもやりましょう!」となって

「まあまあ」とお互いにビールでも注ぎ合って、

かんぱーい!と杯を交わして。


その時に、ふと

「こいつらニコニコしてるくせに、どうせ腹の内は真っ黒なんだろ」って

おれはきっと思ってしまう気がする。



それでも、世の中とは、

パートを使う仕事とはそんなもんなんだろうか。




世間には、絵に描いたような嫌われ者の上司さんがいたりしますが、

そういう人は果たして

スタッフに嫌われてでも利益を挙げたいのか、

本当に使い捨てのコマにしか思っていないのか、

そもそも好き嫌いとか、好かれ嫌われとか全く興味がないのか、

家族でもない人間に嫌われることなんて屁にも思っていないのか、

そのへんのことを、揚げ出し豆腐と子持ちししゃもあたりを肴に、ベロベロになるまで語り明かしたいです(笑)



僕は、野菜のようにデリケートなハートの持ち主なので(笑)、

きっと自分が嫌いな人にすら嫌われたくないんだと思う。

(超自分勝手な話だけど笑)

それでも嫌うのなら、せめてその心の声を、おれのところまで届かないようにしてくれ!




これまで自分では

「来る者は拒まず、去る者は追わず」な人間だと自負していたつもりですけど、

もしかして真逆のザコキャラなのかもしれません(笑)





・・・


何日か前、嫁に「あ、白髪が何本か生えてるよ」と言われ、3~4本抜いてもらいました。

今まで白髪なんてなかったのにな。


ストレスの原因はこれだけじゃないんだけどさ~、

働くってことはなかなか大変なことですね。




大変だね~っと思った方は、お情けでブックマークくださいw

↓こんな記事も書いてます!↓