読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆田舎で生活10年目!◆

もう僕が都会で生きていくことはムリだと思います。

野菜の時間① ド素人が実践!初心者向けの野菜たち

田舎の生活 畑仕事

田舎で生活10年目!とうたっている当ブログ。

これまでは、飛騨に来るまでや、来てからの事をちょこちょこと書いてきました。

今日は現在のお話をします。

 

さっそくですが、田舎で暮らすならぜひ!

畑を!農業を!やりましょう!

僕は今年の春から始めました。

(つまり3ヵ月しか経ってない)

 

嫌々仕方なく田舎に来た人はともかく、望んできた人ならきっと楽しめます。

たいして楽しめなくてもそこまで苦ではないと思います。たぶん。

そして一度でも収穫期を迎えることが出来たら、規模の拡大や縮小こそあるかもしれませんが、きっと翌年も続けると思います。

 

そのくらい、自分で作った野菜は美味いし楽しいです。

 

今日はあまり時間がないのでおすすめ野菜だけをピックアップ!

 

おすすめ野菜①:トマト

f:id:amago1022:20160624165858j:image

トマトは良いです。

肥料を入れて苗を植えておけば、ある程度は実が出来ちゃいます。

知ってましたか?

スーパーなんかで売っているトマトって、上の写真でいうところの真ん中、柿くらいの黄色さで収穫してるんですよ。

つまり全然完熟じゃないんですよ。

写真の一番上のだって、まだまだ全然完熟じゃありません。

 

トマトは取ってからも少しずつ色が進むため、薄い色で取ってもスーパーに並ぶ頃にはボチボチ良い色になっているのです。

また、完熟まで育ててしまうと柔らかくなって輸送中につぶれたりするので、未熟な内に取るという収穫形式を取っているんですね。

 

自分で育てれば当然完熟まで育てられます。

そしてめっちゃ美味いっす。

さらにドSなまでに水やりを制限すると、めちゃめちゃ甘くなります。

(そのかわり皮がちょっと固めになりますけど)

甘くなったらデザート的な使い方も◎。

ホットでもコールドでもシャーベットでも、

固形でもペーストでもスープでも、

イタリアンでもフレンチでも中華でも、

もはや非の打ち所のないエリート戦士なのです。

 

おすすめ野菜②:ズッキーニ

f:id:amago1022:20160624165922j:image

トマト以上に簡単です。

植えとけば勝手実が付くし、おそろしい早さで成長します。

ズッキーニってかぼちゃの仲間なんだそうです。

熱を通すととてもやわらかくなるので、オリーブオイルやココナッツオイルでさっと焼いたり、チーズなんかを乗せてトースターで焼くだけでも激ウマです。

一緒にバジルとかあってもナイスです。

我が家は5月に植え付けをして、2か月でもう10本くらい収穫しました。

実がでっかくなるのが早いので、もはや食いきれません。

よって、人にばらまけるので民衆のハートキャッチにおすすめ。

(つまり他所者は率先して作りましょう笑

どうやったら上手く作れますかねェ?とか地元の人に聞いてみちゃったりすると尚更○)

 

あ、誰にもあげないなら1株でいいです。

飽きます(笑)

 

おすすめ野菜③:じゃがいも

f:id:amago1022:20160624165941j:image

まあ…まだ収穫は出来てないんですけどね。

種イモを植えつけたらグングン葉が茂ってきたので、たぶん大丈夫なんじゃないかな、と。

わかんないけどね。

じゃがいもは食べ方はたくさんあるし、どれも美味しいのでシヤワセです。

 

それと、サツマイモもすごく期待してるんですが、こっちはホームセンターで売ってる苗が、なんかヒョロヒョロの茎みたいなのを畑にさしておくっていうもので、こんなんで根っこが生えてくるんかな?と相当疑惑の念を持っていたら、そのまま土に還りました(笑)

 

やっぱりある程度は勉強も必要ですね。

今はその他に、長ネギ・スイカ・枝豆・アスパラなんかもやっているのですが、

上手くいっているのかどうかよくわかりません。

 

あと、僕の乾ききった心に潤いをもたらすべくヒマワリなんかも植えてみました。

せめて畑にくらい大きな太陽が咲きますように!

 

それにしても、普段は仕事があるので休日にちょっと手をかけてやる程度なんですが、どいつもこいつも健気に成長していて嬉しくなります。

 

そんな時、僕は思います。

1日2~3時間、畑仕事だけしてその野菜を誰かが一個1万円くらいで買ってくれたら仕事しなくていいのにな~って。

 

野菜の根っこは伸びているのに、肝心の作り手の性根は腐っているのでした。

↓こんな記事も書いてます!↓