◆田舎で生活10年目!◆

たまたま流れ着いて始まった田舎暮らしも10年が過ぎました。もう僕は都会ではいきられません。

男たちよ!安上がりに超簡単ケーキを作ろう。

こんばんはー。

昨日は奥さんの誕生日でした。

20歳で出会った彼女もあっという間に31歳。

時間の流れとは本当にあっという間ですね。

お金がない!

24日が誕生日だとね…、

一ヶ月の中でも最もお金がないタイミングなんですよねー(゚∀゚)

いやいや毎年のことなんだからお金準備しとけよ、って言われてしまえばそれまでなんですけど。



ちなみに財布の中にはこんだけ。

うん。

これじゃ何も出来ません。


ケーキを作ろう!

そんな訳で今回は、超簡単で超安上がりなケーキの作り方をご紹介します。

オーブンも使わないし失敗もほぼありません。


水切りヨーグルトのチーズ(っぽい)ケーキ

(材料)
・ヨーグルト:500cc
・生クリーム:200cc
・レモン汁:大さじ1~2くらい
・砂糖:50gくらい

・ビスケット10枚くらい
・バター:50gくらい

・粉ゼラチン:5g
・水:大さじ1くらい

これだけです。

材料代はたぶん1000円もあれば足りるんじゃないでしょうか。

我が家は毎日ヨーグルトを食べているため、

ヨーグルトメーカーで1リットルパックの牛乳をヨーグルト化して

基本的に切らすことはありません。


レモン汁も砂糖もゼラチンもあったので、

今回買ったのは生クリームとビスケットとバターくらい。

700円あったのでバターは奮発して「よつばバター」にしちゃいました。

贅沢~(°▽°)

土台を作ります。

基本的には「ビスケットを粉々にして、バターを加えて混ぜる」だけです。

今回のビスケットはこちら。

棚で一番安かったので(笑)


個人的には森永のマリービスケットがおすすめです。

バターの風味がしっかり効いている方が美味しい土台になります。


これを~ジップロックに放り込んで~

ロードローラーだッッ!とやります。


続いてバター。

こいつは1パック100gだったので、テキトーに半分くらいボコッと取って、

レンジで軽くチンしたら砕いたビスケットに入れてよく混ぜます。

これをケーキの型の底面に、平らにグリグリ押し付けて土台は完成です。


…あ、すんません。

あらかじめケーキの型だけは用意しておいてください。

冷蔵庫で冷やす時もコイツに入れたまま冷やしますので、型は必要です。

ずっと使えますから、一つ持っていても良いと思いますよ。

いよいよメインに取り掛かります。

あ、水切りヨーグルトを作るところの写真撮ってないや。


というわけで、こちらをご覧くださいまし。↓

f:id:amago1022:20170825215623j:plain


スーパーでよく見るプレーンヨーグルト1パックが500gなんですけど、

あれを一晩、水切りして大体200gくらいまでカサが減ります


それすらもめんどくせー!って人は、

近頃だと「ギリシャヨーグルト」とか「パルテノ」といった商品名で

水切りヨーグルトが売られていますのでそれを使うと良いでしょう。




水を切ったヨーグルトは、こんな風にクリームチーズっぽくなります。

口当たりは似ているのに、風味はとってもライトでヘルシー。



ここにレモン汁と砂糖と生クリームを投入。

この時、砂糖をパルスイートなんかに置き換えると糖質制限も出来るYO!





つづいて器に粉ゼラチンを開け、大さじ2くらいの水を入れ、よく混ぜます。

レンジに10秒くらいかけて、しっかりゼラチンを溶かしたら、水切りヨーグルトに入れてよーく混ぜます。

混ぜたら土台に流し込んで、冷蔵庫で冷やし固めたら完成!(゚∀゚)v


激簡単でしょー♪


メッセージを入れてみよう!

ここで終わりでも良いんですけど、

せっかく表面が真っ白なケーキですから、ここはひとつサプライズ要素を加えましょう!


でも、ケーキ屋さんにバースデーケーキをお願いした時に付いてくるような「文字入りチョコプレート」は

僕ら素人にはなかなかハードルが高いです。

(食料品店に行けば「チョコペン」という名前で売られてはいます)


というわけで、簡単に文字を入れる方法を紹介しますよ~。


型抜きしてココアパウダーを振る方法


本棚なんかに使っていない「クリアファイル」はありませんか?

無ければ100円ショップにも置いてあります。

これにケーキの型の大きさの丸を描いて、中に文字を書いて切り抜くのです。


f:id:amago1022:20170825221732j:plain


正直なところ、今回の作業の中でコレを切りぬくのが一番かったるかった(笑)



ほんで、この切り抜いた文字をケーキに乗せて、ココアパウダーを振るわけでございます。

切り抜かれた方の円を置いて粉を振れば、文字が残り、

逆に切り抜いた字の方を置いて粉を振れば、反転して白抜きとなります。



今回は「Happy」を白抜きにして、

「Birthday」に字を残してみました。

あんまり綺麗じゃないけど、まあそこは気にせず行きましょう!



さらにアレンジ!

10cmの型と15cmの型で2段作って、

上段の10cmの方に文字を入れ、

下段の15cmの方には庭のブルーベリーで作ったジャムを敷いて、周りには歳の数の実を置いてみちゃったり☆(゚∀゚)テヘ



ぜひお試しあれ!

トータルの作業時間は大体2時間もあれば出来ます。

(※ヨーグルトの水切り時間と、冷やし固める時間は除く)


お子さんがいる家庭なら、一緒に手伝ってもらうのも良いでしょうね^^



ぜひぜひ挑戦してみてください!!

↓こんな記事も書いてます!↓