◆田舎で生活10年目!◆

たまたま流れ着いて始まった田舎暮らしも10年が過ぎました。もう僕は都会ではいきられません。

田舎の生活48 今日はひとり雪山散策

こんばんはー。

日曜日、皆様はいかがお過ごしでしたでしょーか。

パノラマで飛行機雲を撮ってみたら、良い感じにワケわかんないことになりました


27日に結婚記念日だったお話は前回書かせてもらいましたが、

その翌日、嫁は実家のお母さんと映画を観に、朝イチで家を出ていきました(笑)

しかも土日だったので一泊付きで!

というわけで、

独身の週末を楽しみます!(・∀・)

朝から山に行くことにしました

今回は1人だし、なるべく身軽に行こうと思い、コーヒーは家で淹れて水筒で持参。

雪山なので、水筒は基本的に保温性の高いモノが良いです。

ただ、もし常温の水でもいいなら「プラティパス」というソフトボトルもオススメ。

飲み終わればペタンコに潰して軽量・省スペースに携帯できます。

ボトルからチューブを繋いで、ザックを背負ったままでも給水できるハイドレーション・システムなんてものもあります。

疲れた時にはヨイショッとザックを下ろすのも手間ですし、いつでも水分を取れるのは脱水症状対策にはとても有効です。


…今日はもう昼メシもカップラーメンでいいや(°▽°)

・・・

前回、登山口よりも手前のだだっ広い雪原を歩いたのですが、

今日は足手まといもいないのであまご隊長と登山口のゲートの向こうへ出発!


登山道は、空を木が覆っているので雪原よりも雪は少ないです。

雪もやや固めで、スノーシューを履いているとほとんど沈まないくらい。

あまごも歩きやすそうでした。

道を外れて、好きなところをウロウロ。



―30分後。

齢10歳のあまご隊長はどうやら疲れ始めたようで、僕の付けた踏み後の上を選んで歩くようになりました。

ずるい。


かくいう僕も、結構な疲労感

足が、カラダが重たい~。

登山と同じで最初の30分が結構疲れることを知りました。

休憩、山コーヒー!

たまたま雪の積もっていない切株があったので、そこでコーヒーを飲みました。


…あちち!

ちょっと熱いので、きれいな雪を入れてみます。

(こういう無理やりアウトドア感を出すのが好きです)

うん、うめー!(^o^)


…あ、あまごのおやつを忘れました。

というか、箸も忘れたし、

そもそもカップめんの水もないや。


(今回の所持品)

・ジェットボイル(シングルバーナー)

・火が付かなかった時用にライター

・カップヌードル カレー味

・デジタルカメラ

以上


うーむ、なんという詰めの甘さ。

僕はすでにハナを垂らしてるのに、鼻をかむティッシュも無し。

汗かいてるのにタオルも無し!

あまごはおやつを超待ってるし

なんだこのダメダメなプランニング。
(*_*)


今回はたまたま座るところがあったけど、休憩用にコンパクトな椅子も欲しいし、次回はあまごのためのレジャーシートもあった方が良いかもしれません。

アウトドア用のチェアだと、最近は「ヘリノックス」のアイテムが非常に注目されていますね。

おしゃれで、めっちゃ軽くて、めっちゃコンパクト。

うちにあったヤツなんて、80Lのザックにすら入りませんでしたわ。

そして肝心の水が無い

カップめんの水が無いので、山を流れる川の水を沸かすことにしました。

ここより上に家は無いし、お湯も煮沸するし、まあ飲めるでしょ。

野生動物がおしっこくらいしてるかもしれんけどね。

箸は、なんかの木を折らせていただきました


ごめんよ~(T ^ T)

雪の重みにも負けず、頑張って立っていた木を折るのはなんだか心が痛みます。


「お前だけ食べるのか」

イヌの視線がイタイです。

帰りは晴れました!

ご飯を食べ終わる頃、突然あまご隊長が帰りたがり始めました。

「私もう行かない。帰ります」

え~∑(゚Д゚)

呼びかけにも無視してズンズン行ってしまいます。


仕方ない…今日は帰るか…

腹いっぱいで眠いし(゚ω゚)


・・・


途中、イノシシ用?の罠がありました。

フタは閉まっていたので、どうやら仕掛けてはいないみたいだけど。

でもお願い、不用意に近づかないで。

おつかれさま!

今日は約2時間ほどの行程でしたが、とてもワクワクしました。

時々ドサーッ!と落ちてくる雪に、人も犬もビクッとなるのも面白かったです。

トトロも、傘に落ちてきた雨にこんな気分だったのかな?
(゚ω゚)

・・・

帰りは雪原を突っ切って行きましたが、コチラも太陽いっぱいで気持ちよし!


家に着いてからはすっかりウトウトしてしまい、気がつけばこの時間でございます。

はぁ〜明日はもう仕事かぁ〜(゚д゚lll)

↓こんな記事も書いてます!↓