◆田舎で生活10年目!◆

もう僕が都会で生きていくことはムリだと思います。

週末なので今日だけグチります

こんばんは。

気が付けばあっという間に10月です。

今年も残すところ、あと3ヶ月。

早いよ〜(*_*)



・・・


突然ですが皆さん、幸せですかね?

「もう嫌だ!全部放り出したい!」

そんな風に思ったりしていませんか?



僕は幸せですよ。


自分の願った通りにド田舎に越してきて、こっちで結婚もして、こんなご時世なのに、無事完済できるのかも分からない家を建てて(笑)、超絶お利口さんなワンコとも暮らせて、ちょー幸せ!

あとは子供が出来ればなおさら…。

でもまあ、とりあえず自分の中の個人的ハッピーゲージを確認したら、きっと中央値よりはちょこっとは上を指すと思います。


そうなんです。

そうなんですけどね。


幸せ者であるはずの僕は、同時にガラスのハートの持ち主でもありまして、

しょっちゅう色んなことに悩まされて、胃が悪くなったり眠れなくなったりしているわけです(笑)


主に仕事のことで。



・・・


ずっと自然に関われる仕事がしたかったので、今こうして農業でご飯が食べられることに対して、会社には心から感謝しています。

売上で考えたら、とっくに解散されていても良いくらいなのに、です。


「これからの時代は1次産業が絶対に重要になってくる!」

会社の方針に、そして社長の意向に、僕はもはや足を向けて眠ることが出来ません。


世の中には「ブラック企業」なんてものもあるご時世、「ピュアホワイト」ではないにしろ(笑)僕は今の職場がとても好きです。


・・・


でも、だからこそ、その期待に応えられていないのがとてもツラい。

毎年毎年、反省して改善策を考えて、ひとつひとつ解決してきたつもりですが、それでもまだ足りない。



利益を出すためには、ある一定以上の規模の圃場が必要で、

でも、その面積を回していくためには人足が必要で、

人足を確保すれば売り上げはさらに必要になるわけで。


職場改善のため、引いては純益増のため、色々と試してみました。

作業の効率化も、スタッフ間の意思統一も。

もちろん自分たちがひねり出した解決策が絶対の正解ではないし、見る人が見たら「このやり方の方がいいんじゃない?」ということも多々あります。

良い案は取り入れます。

改善できることはこれから先も改善します。

そうやって、上手くいかない理由をひとつずつ潰してきたし、これからもそうしていくつもりです。

これがもし、陣頭指揮を取るのが他のもっと賢い人だったら、もしかしたら「ひとつ」じゃなく、2つずつ、3つずつと潰せるのかもしれないけれど。


・・・

以下、今の生活パターンです。

朝5時に起きて、6時には職場に行って、ちょこちょこっと事務仕事して、6時半には出発して7時から畑で作業をして、トップギアで収穫して、昼前に帰ってきて袋詰めと出荷作業を始めて、取引先や資材業者とやりとりもして、夕方パートさんや他の社員が帰った後、一人で事務仕事して、帰ったら飯食ってソッコーで寝て、また朝で。それをひたすら6日間続けて1日だけ休み。


寝る前にスマホを開くと、SNSでは「〇〇に行ってきました」だの「◯◯めっちゃ美味い」だの「旅行中です。いえーい」だの、
余裕がない時にはホントに腹が立ってくるので(笑)最近はあんまり見ないようにしました。

SNSで見かける人がいつも決まっている理由がなんとなく分かる気がしました(^_^;)

本当に余裕がある人か、
もしくはSNSに居場所を求めている人。

そういう人たちの否定はしませんけどね

その人たちだって、普段めちゃめちゃ頑張ってるから、自分の休みを謳歌しているってことですからね。



…あ、えーと、そんなことじゃなくて、

いやいやいや、それでもいいんです!

夏の朝は気持ちいいし、秋の夕暮はキレイだし、野菜が元気なら嬉しい気持ちにもなれるし。

農業においては忙しいって本当にありがたいんです。

それにこんなに忙しいのはトップシーズンだけで、それ以外の時期は8時に出社して日が暮れる頃には終わりますので。
(まー事務仕事だけは常に他のスタッフよりあるけど)

僕の性分としては、夜遅くまで残業するより、同じ時間だけ早出する方がいいですね。

太陽と一緒に動けるってありがたいです。



というわけで、忙しい時期とそうでない時期のメリハリがあれば、結構頑張れちゃうもんなんです。

ちゃんと売上が出ていればね。


・・・


弱っちい僕は、もうずいぶん長いこと眠りが浅いです。

5時に起きるべきところ、3時~4時には目が覚めてしまいます。

ストレスのせいで食も細くなってきました。

それなのに30代半ばになって贅肉は落ちにくくなりましたけど(笑)


たまに思うのは、

出来ることなら「自分ひとりでやれるMAXの規模の畑」を持って「人件費がかかるのは自分だけ」っていう体勢なら、おそらくなんとかやれるのになぁ、なんて。

でも、それじゃ会社は、その部門を存続する意味がないですよね。

微々たる規模で、微々たる利益なんて、経費をかけるだけ無駄です。



・・・



農業で赤字を出さないためには、

①小規模を最小限の人数でやる

②大規模を大型重機を使ってやる

のどちらかなんですよね。

ここに中間はありません。

真ん中に近づくほど利幅は目減りするはず。

うちは多分、どんぴしゃ真ん中(笑)

難しいな~。



まず気持ちが負けてるのかな。

そもそも「赤字を出さないためには」じゃないもんね。

「黒字を出すためには」って考えなきゃ。



それでも「ただただルーチンな日々で、昇給もなく休みもなく」っていう正にブラックな職場では全くないので、前を向いて、上を向いていこうと思っています。

「暗中模索」っていう熟語がありますが、模索できている内は幸せなはず。

「先に希望が無い」ことよりも、何倍もやりがいがあるはずなのです。




今、人生に混迷し、どうしても上を向くことが出来ない人へ。

上を向くことが出来ない時は誰でもあります。

上も、前も向けない時は、なんとか周りをキョロキョロ見回しましょう。


僕は、まだ町にいた頃、どこの職場にも光明を見いだせる気がしなくて、結果こんなところまで来てしまいました。

でも「もう田舎に行ってしまおう」という、あの時の気持ちは、今思えば一筋の光明でした。

それは当時にしてみれば「逃げ」だったかもしれないけれど、「逃げたい」というマイナスな思いよりも、「こんなことをしてみたい」というプラスの感情でした。


だからあの頃、もし町の中で「あれをやってみたい」というものに出会っていれば、きっと田舎にも来なかったと思います。


ただ、「今の仕事を辞めて転職しろ」と言いたいのではないことだけは申し上げておきます。

たとえば…これだけ自分が困っているんだから、きっと周りには同じように困っている人もいて、
その人と意気投合するだけでも、また一日を乗り切れたりするものです。

それが一筋の光明で、それだけで心も体も救われたりするのです。

勢いがある時なら「おれたちでこの腐った空気を替えてやろう!」なんて思えてしまうかもしれません。

むしろ、自分で選んで飛び込んだのだから、男足るもの、そのくらいの気位が欲しいところ。


僕は、自分が好きでやっている仕事だからかもしれませんが、

「まあ…これでいいか。とりあえず食っては行けるし…」という感情で働き続けるのが一番ツラいと思います。

腰掛けの仕事なんて絶対ツラいです。

だって座りっぱなしの仕事って、腰にすんごいダメージ来るでしょ!?

(そういうことじゃない(^_^;))


まだ「この労働でこの給料かよ!やってられっか!」という気持ちの方が健全だと思います。

それならば、なんの未練もなく次のステップに行けるはず。


良い方にも悪い方にも心が波打たない。

それはきっと、少なくとも今の自分には合ってない場所なんじゃないかな。

そう思います。



というわけで、現在、不眠症気味でご飯も美味しく食べられない男が語る、最高に説得力のない話でしたが(笑)、
それは前を向くため・上を向くための痛みだと思い込んで思って、

明日はダラダラ休みます!!



今年もあと3ヶ月。

一回でも多く笑って過ごすぞ!!

(`・ω・´)

わ!iphoneのosをアップデートしたら顔文字がすげー増えてるよ!

↓こんな記事も書いてます!↓