◆田舎で生活10年目!◆

もう僕が都会で生きていくことはムリだと思います。

田舎の生活㉒ まだまだ知らない所がいっぱい

こんばんは。


今日はずーっと雨。

最近はずっと悪天候で、トマトの色付きが悪くなってきたので、急きょ今日だけ休みにしました。

平日の休みなんていつ以来かな。

晴れた休みだとダラダラしている自分に罪悪感を感じてしまいますが(笑)今日はどんよりと天気も悪いし、堂々とのんびり休めました(^_^;)


・・・


夕方。

基本、いつも僕の方が帰りは遅いのですが、今日は珍しく待つ側でしたので、4時半頃に嫁からLINEで「帰るよ」と連絡が入りました。

ピロン!と鳴るや否や、あまご(犬)が「よし、迎えに行きましょう」と立ち上がります。

どうやら大体の時間帯と、着信音で分かるようなんですね。

動物って意外とよく見ています。


・・・


嫁の職場は歩いて5分ほどの超ご近所。

障がい者の就労支援施設で働いています。

そして、あまご(犬)は現在、週2~3回ほど一緒に出勤しています。

もう「ばあちゃん犬」なので、ほぼ一日中じっとしていますし、飼い主もめったに声を聞く機会が無いくらい、昔からほとんど鳴きません。

人のことも大好きで、自分から背中を見せて「なでて」とせがんできます。


そんなところが幸いしたのか、あまごが行くことで、閉じかけた心を多少なり開いてくれる方がいるそうで、何の資格も経験もありませんが、セラピー犬の真似事のようなことをさせてもらっています。

本人としても、寂しがり屋なので留守番より良いのかもしれません。


・・・


余談が長くなってしまいましたが、「犬の散歩」兼「嫁の迎え」。

今日はついでにそのまま、これまで歩いたことのない所まで行ってみました。


我が家から数分も歩けば、裏山に続く道があるのですが、

今日はそれとは別の、誰も行かないような山道を歩いてみました。



・・・

少しずつ民家の数が少なくなり、山に続く(と思われる)曲がり道を進むと、小高い野原に出ました。

眼下には町が広がっています。




このあたりまで来ると、あまごはノーリード。

(本当は放し飼いは良くないんですけどね…、誰もいない時だけ特別です)



人はほとんど来ないのでしょうか。

草が茫々ですね。


僕はボロボロのクロッ●スもどきを履いていたので、すでに足はびしょびしょです(笑)

どんどん進みます。

すると…、おや?

奥に何かありますね。



物置?倉庫?



なんかわかりませんが、能とか狂言を行うような舞台…っぽいです。



こんなものがあったんだ…。




終始誰にも会わなかったので、結局あの建物が何なのか分からず仕舞いでしたが、今度だれかに確認してみようと思います。



すいません。

それだけの記事でした(^_^;)

↓こんな記事も書いてます!↓