読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆田舎で生活10年目!◆

もう僕が都会で生きていくことはムリだと思います。

田舎の生活9 ゴリラげう雨の季節

こんにちは。


二日続けてずぶ濡れでございます。

雨に濡れない日は汗でずぶ濡れ。

あまごです。




そう。

今日はとうとうアイツが来ましたよ。


ゲリ豪~♪ゲリ豪~♪(アナ雪)


ゲリラ豪雨。


ゴゴ…!

ゴゴゴ…ゴロゴロ…!!

ズズズン!ゴゴン!


来たきたキタキタ〜!(@_@)


こういう雲を見ると「竜の巣だぁ!」と口走る人。

きっと世の中に何百人もいることでしょう。

(=゚ω゚)ノ




・・・

ドバーッッ!!!

・・・

雨を機に休憩。

(全員、内心ではラッキーと思っている笑)


「はー。すごいゲリラ豪雨やなぁ」

「え?これってスコールでないんか?」

「これは夕立やろ」



大のオトナが3人揃って首をかしげます。


(そもそも…どう違うんだ?(・▽・?))


そしたら、うちのスカした優秀な若い小僧がこの3つの違いを教えてくれましたよ。

ついでに我々と自分の格の違いも示してやったぜ的な微笑を付け加えて。

コイツはこれが無きゃな…って思うけど…

それはまあいいや。




ではではそれをまるで自分の知識のように発表!


①ゲリラ豪雨

大都市などで局所的に発生する集中大雨。→よそから流れてくる雲ではない。
1時間あたり100㎜以上も降って、災害を引き起こしたりする。
・近年、ブームのように使われる単語で、気象学上の定義ではない

②スコール

・主に東南アジアなどで多く発生する。
・大雨などで急激に大気の状態が変わることが原因となって、一気に風が強くなること
(スコールは雨じゃなくて「風の変化」のことなんだって)
・WHO(世界気象機関)によって定義付けされている。

③夕立

・日本の気象学に出てくる。季語などにも使われ、夏から秋にかけて昼過ぎから午後にかけて発生する通り雨や、強いにわか雨を指す。
・時間にして数分から数十分と短く、降水量としても災害を起こすようなものではない。



へえ~そうだったのか



今日の雨は、スマホの天気予報アプリで「雨雲が近付いています」というアラームが鳴り、遠くにでっかい雲が見えて、やがて降り出しました。
風もあったけど、そこまででもなく、時間にして30分くらいで過ぎていったのかな?



そっか。

じゃあ夕立だね。



謎が解けた皆の顔には、通り雨の後のようなすがすがしさが溢れていました。

↓こんな記事も書いてます!↓